読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タスク管理をTodoistからWunderlistに乗り換えた

※以下は自分の利用ケースにおける主観的な感想です。 仕様は今後変わる可能性があります。

ちょっと前にタスク管理をApple標準のリマインダーからTodoistに乗り換えた。 最初はTodoistに満足していたが、使っていると時折痒いところに手が届かないことがあった。

そこで今度はWunderlistに乗り換えてみると、感じていた不満がほとんど解消されて幸せになることができた。

Todoistの不満点

有料版限定機能が多い

次の機能はTodoistでは全て有料版でしか使えない。

  • 完了したタスクの閲覧
  • タスクにラベル付与
  • タスクに時刻指定のリマインダーを指定
  • タスクにメモを付与
  • タスクにファイルを添付

Wunderlistではこれらと同様の機能を全て無料で使うことができる。

またTodoistでは、これらの機能がメニューに表示されているのに、使おうとすると「この機能はプレミアム限定です」と言われてフラストレーションが溜まることが多かった。

サブタスク機能が使いづらい

Todoistのサブタスク機能は、タスク間に階層構造を定義するものとなっている。 こうすることでサブタスク毎に期日を設定したりできるが、逆に表示がわかりづらくなってしまうことがある。

例えば次のようなタスク階層の場合、

  • メイン: 報告書提出 (期日: 来週)
    • サブ: 作成 (期日: 今日)
    • サブ: 上司に確認 (期日: 3日後)
    • サブ: 提出 (期日: 来週)

「今日」のビューでは「作成」というタスクが表示されるだけで、この親タスクが何なのかぱっと見ではわからない。

Wunderlistではサブタスク機能は有料だが、無料でもタスクに細かいチェックリストを付与することができる。 チェックリストは親タスクを選択したときだけ見れるようになっており、チェック項目毎に期日を設定したりはできないが、今のところこれで用は足りている。

タスクの分類方法が「プロジェクト」のみ

個人のタスク管理ではタスクを「仕事」「趣味」といった単位に分類したいことがあるが、これを「プロジェクト」と呼ぶのには少し違和感がある。

Wunderlistはタスクをまとめたものは単に「リスト」であり、さらにリストを「フォルダ」に分類することができるので、様々な使い方に対応できる。

Todoistのほうが良かった点

Wunderlistに乗り換えることにしたものの、Todoistのほうが優れていた点もいくつかあった。

ルック&フィールについてはTodoistのシンプルで無機質なもののほうが好みに合っていた(なので当初は両方を比較してTodoistを選んだ)。 また、スマホ版ではスワイプでタスクを完了にできるのも良かった。

その他

今のところ無料版かつ個人利用のみなので、共有などの機能を使ってみればまた評価は変わるかもしれない。

リンク